読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中公文庫プレミアム 編集部だより

永遠に読み継がれるべき名著を、新たな装いと詳しい解説つきで! 「中公文庫プレミアム」を中心に様々な情報を発信していきます!

関連本がテレビで紹介されます!(コリン・ウィルソン『アウトサイダー』)

編集者Fです。

 

7月4日放送のBSフジ『原宿ブックカフェ』(23:00~23:30)で、コリン・ウィルソン著『アウトサイダー』(中公文庫)が取り上げられることとなりました。国語学者金田一秀穂さんの〈人生を変えた一冊〉です。

番組HPはこちら

 

アウトサイダー(上) (中公文庫)

アウトサイダー(上) (中公文庫)

 

 

アウトサイダー(下) (中公文庫)

アウトサイダー(下) (中公文庫)

 

 

アウトサイダー』といえば、昨年12月に亡くなった鬼才コリン・ウィルソンが1956年に24歳で書き上げた処女作。サルトルカミュドストエフスキーニーチェゴッホといった偉大なるアウトサイダーたちを論じた大作です。かつて集英社文庫に収録されていましたが、2年前、新たに内田樹さんの解説をいただいて、中公文庫で復刊しました。

 

なぜこのブログで紹介したかと言いますと、この『アウトサイダー』にアラビアのロレンスことT・E・ロレンスが取り上げられているからなんです。言うまでもなく5月刊のプレミアム文庫『砂漠の反乱』の著者です。

 

砂漠の反乱 (中公文庫)

砂漠の反乱 (中公文庫)

 

 

ちなみに、当ブログの「『砂漠の反乱』裏話」で取り上げましたように、ロレンスの名を今でも高らしめているのが1962年の映画『アラビアのロレンス』(デビッド・リーン監督)。『アウトサイダー』刊行後6年目ですが、ひょっとしたら関係があるのかもしれません。

両書を読み比べてみることで、謎の多いロレンスのイメージがより深くなるかもしれませんね。