読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中公文庫プレミアム 編集部だより

永遠に読み継がれるべき名著を、新たな装いと詳しい解説つきで! 「中公文庫プレミアム」を中心に様々な情報を発信していきます!

『砂漠の反乱』裏話

編集者Fです。

 

『砂漠の反乱』とは、ご存じアラビアのロレンスが書いた、第一次大戦における砂漠でのゲリラ戦の一部始終を書いた、血湧き肉躍る歴史的手記。そして、アラビアのロレンスといえば、なんといっても、この映画↓


思い出の名画 アラビアのロレンス - YouTube

 

そういえば、この映画のロレンス役で鮮烈デビューしたピーター・オトゥール氏も、昨年12月、81歳でお亡くなりになったんですね。

 

実を言いますと、私もこの映画、何十回観たかわからないくらい繰り返し観ております。そして、映画の原作となったロレンスの自伝『知恵の七柱』にも幾度か挑戦したのですが、晦渋でやや冗長な文章に辟易した思い出があります。

さて、その『知恵の七柱』ですが、かつて平凡社東洋文庫から柏倉俊三訳・全3巻が刊行され、近年、田隅恒生先生の訳で全5巻の「完全版」が刊行されました。

 

そこで、「ん? 完全版ということは、前に出ていたのは”不完全版”なのか?」と思われる方がいるかもしれませんが、ことはそう簡単ではないのです。

 

知恵の七柱 (1) (東洋文庫 (152))

知恵の七柱 (1) (東洋文庫 (152))

 

 

完全版 知恵の七柱〈1〉 (東洋文庫)

完全版 知恵の七柱〈1〉 (東洋文庫)

 

 

そして、「で、『知恵の七柱』と『砂漠の反乱』ってどう違うの?」と気づいたあなた、それがまた複雑な問題がありましてね。実は『砂漠の反乱』は日本で何度か刊行されておりまして、それぞれの関係性がまた、複雑でわからないことも多いんです。

 

詳しくは、「完全版」の訳者・田隅恒生先生が、今回の文庫プレミアム版に書き下ろしていただいた素晴らしい解説をお読みください。

 

ここでは結論だけ(偉そうに)書きます(カーソルで反転させてお読みください)。

この中公版『砂漠の反乱』は、実は日本にしか存在しない『知恵の七柱』短縮バージョンであり、『知恵の七柱』本体より読みやすく。しかも『知恵の七柱』のエッセンスを、ロレンス自身によるオリジナルバージョンよりも多く盛り込んだ、入門編としては最良のテキストである!

ちなみに、文庫内の図版などでご協力頂いた八木谷涼子さんが「アラビアのロレンスを探して」という、おそらく日本一のロレンス関連データベースサイトを運営されています(今回の『砂漠の反乱』についてもご紹介いただきました。ありがとうございました!)。

『砂漠の反乱』をお読みになって、ロレンスについて深く知りたいと思われた方は、↑の八木谷さんのサイトや、↓の田隅先生の著書などをご覧になってください。

 

 

「アラビアのロレンス」の真実: 『知恵の七柱』を読み直す

「アラビアのロレンス」の真実: 『知恵の七柱』を読み直す

 

  

アラビアのロレンスを探して―揺れる英雄像 (20世紀メモリアル)

アラビアのロレンスを探して―揺れる英雄像 (20世紀メモリアル)

 

 

砂漠の反乱 (中公文庫)

砂漠の反乱 (中公文庫)